--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/13/2009    おと。
ここ1週間でCD4枚買っちゃったや。
CDよく買う人からしたら大したことないんだろうけど、私にしては衝動買いした方なんだな。
身分がら、家でひきこもって勉強の日々なので、音楽がいい気分転換になるんだ。
CDだと家のコンポから直接聴けるのが便利だし、やっぱり原盤を持っていると愛着が沸きますね。

Youtubeやニコ動の動画が貼り付けられるみたいなので、気が向いた時に好きな音楽についても紹介していけたらいいなと思います。

そんなわけでさっそく第1弾。

☆土岐麻子「TOUCH」
TOUCHTOUCH
(2009/01/14)
土岐麻子堀込泰行

商品詳細を見る

私が一番好きな女性ボーカル、土岐麻子さん。前バンドのCymbals時代から大好きです。
このアルバムは本当にいい!まだ2月ですが、今年一番のエヴァーポップ名盤だと思う!(笑)
ジャジーな曲とポップな曲がほどよいバランスで入っていて、聴きやすいです。
全体的に落ちついた雰囲気。疲れた時でもほっと一息つきながら聴ける感じ。

タイアップ曲としてはユニクロCM②「How Beautiful」、日産TIENA CM③「Walz for Debby」が入っています。「How Beautiful」は聴いていてあたたかい気持ちになれる曲。ユニクロCM見て気になった人にはぜひフルで聴いてもらいたい!って思います。
「Walz for Debby」はBill Evansの曲のカバーだから、ジャズ好きの人にとっては好みが分かれそう。私個人もどっちかって言うと原曲の方が好きだけど、これはこれで格好いいアレンジだと思います。




①「SUPER STAR」からすーっと素敵な世界へ導かれて、②でホットミルクを飲んだような安心感に包まれたり、⑤「ホロスコープ」で切ない気持になったり、⑨「Let the sunlight in」で爽やかな青空の下で過ごす休日を思い浮かべたり…、くるりの岸田さん提供の⑩「ふたりのゆくえ」を聴き終わるころには、長い素敵な夢を見ていたような気持ちでいっぱいになる。そんなアルバムです。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。